人気ブログランキング | 話題のタグを見る


イベントの様子や、そなエリアの紹介、植物の開花のお知らせなど、最新の公園情報をみなさまにご紹介します!

by そなエリアブログ!

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そなエリア東京

東京臨海広域防災公園
東京都江東区有明3-8-35
公式ホームページ


管理センター
西武造園・NHKアート
パートナーズ
Tel:03-3529-2180

【協力機関リンク】
防災教育チャレンジプラン



災害救援ボランティア
推進委員会







アクセスカウンター



そなエリアブログへのリンクは
こちらをご覧ください。

カテゴリ

全体
イベント情報
公園探検隊
有明の丘ボランティアの活動
そのほか

最新の記事

「そなエリア」で募集中!
at 2015-06-29 12:04
バレンタインカードつくりました!
at 2014-02-12 17:53
【2月5日ガーデンクラブの活動】
at 2014-02-12 17:37
【1月29日ガーデンクラブの..
at 2014-02-05 13:17
【1月22日ガーデンクラブの..
at 2014-02-01 17:40

以前の記事

2015年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 04月
2001年 05月

検索

右クリック

タグ

(2)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2012年 03月 29日  

防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】

3月17,18日に、公園の園地を使って、
『そなエリア アウトドア防災ミーティング』を開催しました!
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_11312330.jpg


その中で、事前にお申込みいただいたお客様にお越しいただき、
『親子で宿泊・そなエリアぼうさいキャンプ』も実施しました。
残念ながら、17日はあいにくの雨。気温も低く過酷な環境でしたが、
今回のイベントの校長先生からのご挨拶で、
「過酷な環境だからこそ、イザというときのいい訓練になります。
これ以上ないくらい良い天候だと思って実りある2日間にしてください」
とお話がありました。


まずは2日間使用することになる、災害用トイレの使い方を紹介。
こういった防災用品って、普段使う機会はまずないので
皆さん興味津々でした。
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_1222817.jpg

このトイレは、東日本大震災のときも、メーカーさんが様々な避難所へお持ち込みされ
あちこちで大活躍したものだそう。
水を使わず排泄物を個包装するトイレのため、避難所での
感染症対策などにも医療関係者の方々から重宝されたそうです。



そのあとはテントの上手な張り方の説明。
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_12667.jpg

日ごろ使わずに、おうちや車で眠っているテント皆さんもお持ちではないですか?
中に入っている付属品やペグなどが使おうと思った時に足りなかったりもするようです。
ぜひ定期的に点検を兼ねてテントを広げてみてくださいね。



続いては、アウトドアシューズの説明。
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_12243731.jpg

足に合った靴は、とても重要です。
昨年の3月11日も首都圏では、自宅に帰ろうとされる帰宅困難者の方々が
革靴やハイヒールで長距離を歩いて帰ったニュースもありましたよね。
お子さんは、比較的運動靴で活動されていることが多いですが
会社勤めの方などは、何かあったときのために、デスクの下などに
履きなれたスニーカーなどを用意しとくといいですね。
今回のキャンプにご参加いただいた方の中には、雨の中での活動だったため
靴の中まで濡れてしまって、余計に体が冷えてしまったり、動きづらかったり
する方もいらっしゃいました。
靴を選ぶときは、そういったところも考えてどんな状況でも活動しやすいものを
お選びいただくといいかもしれません。



次にご説明いただいたのはアウトドアウェアと防災用品について。
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_1321872.jpg

アウトドアウェアは、とても機能的に出来ていて、様々なときに役立ってくれます。
気軽な山歩き、ハイキングから本格的な登山までと用途によって様々だと思いますが、
基本的に撥水、防水性に優れているものが多く、災害時にも活用できます。
今回の天候が悪かったこともあり、個人的にはレインウェアの重要性を痛感しました。
やはりアウトドアのものは動きやすさを重視しているので、作業もしやすいですし、
災害時には、水を無駄に使えないので洗濯するのも厳しい状況になってきます。
そういったとき、レインウェアで活動することで普段着を汚すことなく活動できますよね。
また、風も通しにくいので防寒対策にもなってきます。
身の回りに準備がないときは、ゴミ袋を使ってポンチョを作ったりも、もちろん可能だと思いますが、
事前に用意できるならそれに越したことはないですよね♪
また、最近はアウトドアに限らずに街中でも普通に使われるリュックサックですが、
災害時には、両手が使える状態にしていることは非常に重要です。
お子さんと一緒に避難しなければいけなかったり、頭や体を守ったりと、いろいろな状況が考えられます。
アウトドアのウェアも、リュックサックも普段使いできるお洒落なものがたくさん出てますから
ぜひ、日ごろから活用してみてください!



ここで、休憩タイム。
アウトドア用のガスコンロでお湯を沸かして、ドライフードのお味噌汁などを
召し上がっていただきました。
防災キャンプイベントを開催したよ♪【前編】_e0235911_14222368.jpg

体が冷えたときに温かいものをいただくのは、心も体も休まりますね。
災害時こそ、ぜひ美味しいものを食べて活力にしていただければと思います。
非常食は、3年から5年くらい長期保存が出来るため通常と加工方法が違ったりしていますが、
今回試食したドライフードや、お米、レトルトや缶詰など普通の食品でも
1年くらいは保存できるものもありますよね。
そういった食品を日常で使う分より多めにストックしておいて、
古いものから普段使って、自然と新しいものに取り替えていく。
ローリングストック法というやり方も最近は注目されはじめています。
ご自宅にストックしている食品があれば、賞味期限を確認してみてくださいね。

【後編につづく・・・】
by そなエリアブログ! | by bousaik | 2012-03-29 16:06 | イベント情報